「PSIM Suite」「PSIM Suite」をライセンス提供開始

使いたい時に使いたい回線を選んで使う、SIMの情報をデバイス間で送受信できるようにするポータブルSIM技術。
ドコモ独占技術ではなく、当技術を活用したデバイス開発やソリューション開発を検討されたい企業へのライセンス提供を開始いたします。

ポータブルSIM技術は2014年6月に初めて発表し、2015年3月に機能の拡張を発表しています。
今回、更に新しい技術「psim proxy」などを開発したうえで、関連IPを「PSIM Suite」としてパッケージ化しました。

ポータブルSIMの特徴

通常は、1つのデバイスに1つのSIMを挿入して利用します。
また、海外旅行時など利用者の状況により使用する回線を切り替えたい場合は、都度SIMカードを挿し替える必要があります。

ポータブルSIM技術は、SIMを格納した親デバイスから子デバイスに、SIM情報を送信できる技術です。
この技術により、デバイスとSIMを1対1の関係から解放し、もっと自由な組み合わせを実現します。

自由な組み合わせを実現

もっと詳しく

ライセンス提供事例

vol.1株式会社Cerevo

ライセンス提供第一弾として、ハードウェアスタートアップ企業Cerevoとの開発を発表しました。

「PSIM Suite」のうちCerevoが活用した技術

  • ポータブルSIMデバイス技術
  • psim proxy 技術

Cerevo岩佐代表インタビュー

製品への応用事例

vol.2Coming soon…

ポータブルSIM技術のユースケース例

ユースケース例 ①

2014年6月発表のポータブルSIM技術コンセプトムービー

PSIMデバイスを
ウェアラブルデバイスとして活用

小型基板である特徴を活かし、PSIMデバイスをウェアラブルデバイス化
NFCやBluetoothを活用することで、個人認証デバイスとしての利用も検討できる

活用する技術

  • ポータブルSIMデバイス技術
  • ポータブルSIM対応化ソフトウェア

ユースケース例 ②

IoTデバイスなどを
使いたい時だけSIMカードと接続

複数枚のpsim proxyを活用すると、1枚のSIMカードと1台のPSIMデバイスで複数台のデバイスをSIMを切り替えながら利用できる

活用する技術

  • ポータブルSIMデバイス技術
  • psim proxy 技術

ライセンス提供物

ポータブルSIMデバイス

  • ファームウェアソースコード
  • ハードウェア回路図
  • 関連ドキュメント

psim proxy

  • デバイス本体の供給
    (協力会社のマイクロテック、Dyna Cardと協議)
  • 専用アプリソースコード(Android/iOS)
  • 専用アプリ関連ドキュメント

ポータブルSIM対応化
ソフトウェア

  • アプリソースコード(Android)
  • アプリ関連ドキュメント
  • チップセットのソフトウェア
    (協力会社のクアルコムと協議)

技術の利用について

IoTデバイス開発者、サービス提供者、PSIM Suiteに興味を持ってくださった方は、下記よりお問い合わせください

お問い合わせはこちら

ポータブルSIM技術に関する資料
(当ホームページ記載情報の抜粋PDF資料)

資料はこちらからDL

PSIM Suite開発チーム

toptop

「PSIM Suite」、「ポータブルSIM」、「psim proxy」は、株式会社NTTドコモの商標です。