ポータブルSIMを構成するコア技術

SIMを格納し、
その情報を他デバイスに送信する技術

ポータブルSIMデバイス(親デバイス)

  • SIMカードを端末から分離しデバイス化
  • Bluetoothで接続した子デバイスへ、SIMカード情報を送信
  • 主な機能はBluetooth・SIMカードで構成され、小型化可能
  • NFCを搭載し、ペアリングを簡易にすることも可能
SIMを格納し、
その情報を他デバイスに送信する技術
ポータブルSIMデバイスの情報を受信し
回線接続を可能にする技術

psim proxy(子デバイス)

  • SIMカード型Bluetoothデバイス
  • スマートフォンなどのSIMスロットに差し込むことで、ポータブルSIM親デバイスのSIMカード情報を受信し回線を利用することができる
  • 専用アプリケーション(Android/iOS)で、複数のSIMカードの情報を切り替えながら、1台の子デバイスを利用することも可能
ポータブルSIMデバイスの情報を受信し
回線接続を可能にする技術
スマートフォンやタブレットを親デバイス、
子デバイスの双方として機能可能にする技術

ポータブルSIM対応化ソフトウェア
(※以下、PSIM化ソフト)

  • ポータブルSIMの親デバイスとしても子デバイスとしても対応できるようになるアプリケーション(Android)とチップセットのソフトウェア(クアルコム社と開発)
    参考:2015年3月報道発表資料
  • 親デバイスとして使う場合は、スマートフォンに挿入されたSIMカードの情報を子デバイスへ送信する
  • 子デバイスとして使う場合は、親デバイスのSIM情報を受け取り、回線接続する
スマートフォンやタブレットを親デバイス、
子デバイスの双方として機能可能にする技術

選べる親デバイスと子デバイスの組み合わせ

親デバイス

子デバイス

  • AA
    ポータブルSIM
    デバイス
    psim proxy
  • BB
    ポータブルSIM
    デバイス
    PSIM化ソフト
    搭載デバイス
  • CC
    PSIM化ソフト
    搭載デバイス
    psim proxy
  • DD
    PSIM化ソフト
    搭載デバイス
    PSIM化ソフト
    搭載デバイス
toptop

「PSIM Suite」、「ポータブルSIM」、「psim proxy」は、株式会社NTTドコモの商標です。